「ローコストでも柔軟にやる」を追及したら土地活用の仕事が来た件について

投稿日:2018年06月12日

 

マドリヤでは難しい土地条件や、個性的なご要望などにもNOをなるべくいわずに取り組んできました。

私も含め、スタッフは極小の土地や変形地、店舗併用や3台入るガレージなどどんな条件でも「どうすれば実現できるか」と知恵を絞る「くせ」がついています。

難しければ難しいほど「やってやるぜ」と思ってしまいます。

 

そういうふうに課題に取り組んでいる中で、賃貸併用住宅や共同住宅などのご相談も来るようになってきました。

実は、マドリヤ新山下スタジオが入居している建物も、若いサラリーマン大家さんからのご依頼の建物なのです。

 

最近、都内で取り組んでいるのが木造耐火の共同住宅です。

先日、地鎮祭を行ってきました。

 

こちらの大家さんはガレージハウスやRCマンションなども手広く手掛ける方。

いつも勉強させていただいています。

 

木造耐火建築は、鉄骨造やRC造と比較して、コストが抑えられる利点があります。

二酸化炭素をたっぷりため込んだ材木を建物に閉じ込められるので地球にも優しいですね。

 

土地活用のご相談も大歓迎です!

 

おちあい

この記事を書いた人

落合 正一

落合 正一

2018年6月12日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.