理想的な家とは…?

投稿日:2022年04月22日

こんにちは!
ちょっと最近天気が不安定ではありますが、今日は洗濯日和の日ですね!
子どもたちはお鼻がズーズー(/_;)今日は家でお休みしながら作業しております(@_@)

 

さて、今日は理想的なおうちについて…皆さんはどんなものを想像されているでしょうか?
ご相談をいただく方によっては、最初の段階から箇条書きにコレとコレが必要で…と書いていただいている方もいらっしゃいます。
インスタなどSNSを見ると、広いおうちだったり整理整頓された空間を見て、リビングにはこれだけの空間が欲しい!納戸やクローゼットはここに〇畳あって…と希望が広がりますが、首都圏は地方に比べて土地の面積も狭く価格も高いため、希望する大きさでの建築ができないケースがあります。
なので、マドリヤでは最初にご相談のご連絡をいただいた時点でアンケートを取らせていただき、「きほんのきのいえ」か「マドリヤ木工部」で建築が可能か、またご希望の内容・エリアにより担当者を決めて相談をお受けすることにしています。
 

希望を詰め込んでいくと、どんどんと工事費が膨らみ、トータルコストを超えてしまっては元も子もないので、私がプランナーとしてお客様とお話しする際は、希望の中から譲れないことをいくつかしぼらせて頂き、また、希望のイメージをインスタなどSNSから保存リストにして頂くことをおススメしています。イメージが明確になっていて、ここはこのメーカーのこの素材で…などと詳細を伺えると良いのですが、なんとなくこれがいいなと思っているけれど、実際どのくらい工事にかかるかわからない、この素材はこの素材に変えることでコストダウンできる…などは、設計士がヒアリングしたうえで紐解いていかないと詳細がわからない、という方も多いかと思うんです。
 
また、これも欲しい、あれも欲しい、けれど整理していくとコレは必要ないかも!?なんてこともあります。ライフオーガナイザーの立場から見て、今のお住まいにある物のうち2~3年使用していない服や物は、おそらくこの先も使う事が無いものではないかと思いますので、そういった物を断捨離すれば必要なスペースを小さくできます。いつか使うかもしれないから…と取っておくよりも、みんながくつろぐスペースや子どもが遊ぶスペース、ご主人がゆっくり読書などできる書斎など、みんなが喜ぶスペースを増やしていくという考え方もあります。
 
そのためにもある程度ご家族会議にて、譲れないことやこうしたいイメージを共有しておき、優先順位をつけておいていただけると、ご相談やプランニングもスムーズに進むかと思います。
そんな時に活用できるのが、ピンタレスト!(カーソルを合わせてリンク飛べます!)インスタの保存リストも便利ですが、画像を集めることについてはピカイチのアプリケーションです!皆さんのこれ!というもの、ピンタレストでぜひ見せてください!

 
写真は、我が家の長女(7歳)が思う、理想的なおうちを絵にしてもらいました。

子どももその家に住む人ですし、将来子どもが結婚して家族を作り住む家になるかもしれません。
なので、これを見て、彼女は勉強するところは2階がいいんだなーとか、屋根は片流れでとがっているのがいいんだなとか、新鮮な発見がありました。彼女も屋根は坂になっているということを、周りのおうちを見ていることで感じたようでした。私は屋根形状にこだわりがないので、もし我が家が作るときはこの案を採用してもいいなぁと思いました♪このようにお子さんに聞いてみるのもいいヒントになるかもしれません(^^♪
 
あと1週間でゴールデンウィークですね!まだまだ不安定な天気が続くようですので皆さまご自愛くださいませ。
ほんだ

この記事を書いた人

本多

本多

2022年4月22日 投稿|     
淵野辺スタジオ

相模原メインスタジオ

〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵
3-1-3-1階B

店舗詳細・アクセス
元町ブランチオフィス

元町ブランチオフィス

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町4-168
BIZ comfort元町ビルB1F / 3F

店舗詳細・アクセス
八王子ブランチオフィス

八王子ブランチオフィス

〒192-0082
東京都八王子市東町12-8
長澤ビル4F / 5F

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.