「こだわり」も大事ですが、ご夫婦の意見の微妙な対立も重要ですよというお話。

投稿日:2018年06月25日

調布のO様邸へ、お引越し後の暮らしの様子を拝見してきました。

 

木製サッシの状況や、空調の効き具合、暮らしてみて気づいたことなどをいろいろとお聞きでき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

キッチンのところにある表しの無垢の柱を見ると、娘さんの身長の記録が。

 

この仕事を通じてよく思うこととして、

ああ、この子達はここで成長して大人になっていくんだな、ということがあります。

責任重大ですよね。

マドリヤへ来られるお客様のお話をうかがっていると、

住まいの価値観は本当に千差万別で、「あたりまえ」が夫婦ですら違う場合もあるぐらい多様だと感じています。

「実家はこうだった」「いや、うちの実家はこうだった」などなど。

 

賃貸で暮らしていたら気づかない、「あたりまえ」の違いが家づくりを通して顕在化し、対立し、落としどころをさがし、

それをデザインに落とし込む瞬間、それが子供たちの「あたりまえ」になっていく。

そこにとても価値があると思いたい。

 

家づくりを考え始めると「こだわり」という言葉がよく出てきますし、それもとても大事ですが、

ドラマチックでわかりやすい「こだわり」より、

こういった「あたりまえ」の微妙な違和感を、ご夫婦の会話のニュアンスなどから掴んでいきたいと考えており、

落合の興味はどちらかというとそっちにあったりして。

 

よく、「私の仕事は夫婦げんかの仲裁です」と申し上げていますが、

家を作って本当の夫婦になったね、というような家づくりにこれからも携わっていきたいです。

 

くれぐれも、マドリヤへはご夫婦の意見を統一せずにお越しください!

 

マドリヤ落合

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

落合 正一

落合 正一

2018年6月25日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.