マドリヤ女子DIY部。

投稿日:2021年04月11日

相模原スタジオがOPENして早4か月。
コロナ渦という状況もあり、一部未完成のままになっていたスタジオのトイレの壁。

 

 

 

今回はココに漆喰を塗っていきます ( ̄^ ̄)ゞ

 

1回目:石膏ボードの継ぎ目やビス部分の処理・補強
2回目:全体に下塗り
3回目:仕上げ塗り

 

漆喰とは、消石灰(水酸化カルシウム、石灰石を焼成・消化したもの)を主原料に、消石灰を主たる固化材とする塗り壁材料のことです。そして空気中の二酸化炭素を吸収し続け、ゆっ…くりと石灰石(炭酸カルシウム)に戻っていきます。

 

■漆喰の特徴

・悪臭やホルムアルデヒド(化学物質)等を吸着,分解
・抗菌性があるためカビや細菌の発生,増殖を予防
・吸放湿性能があり、結露からくるカビやダニを抑制
・不燃材料に認定
・塗り壁材のなかで比較的安価
・砂や着色料を混ぜた物もありバリエーションが多い
・メンテナンスが比較的容易(ちょっとした汚れは消しゴムで落とせる等)

 

 

 

脚立に軽々と乗り作業しているのは、事務スタッフの榎本。
模型の作成や自宅のトイレの照明を手作りするなど、本当に手先が器用なんです!

 

 

マドリヤ木工部の梅澤もコテ使いがとても上手く、スイスイと塗っていきます♪

 

 

 

 

3人で交代しながらひたすらヌリヌリ。。。

 

 

 

 

そして完成したのがコチラ!

 

 

 

 

継ぎ目やビス部分があまり薄く塗れず厚くなってしまいましたが、榎本と梅澤の仕上げ時のランダム塗りのお陰で目立ちません(笑♪
また入隅の部分は、専用のコテを使用するのが一番いいのかもしれないのですが、ゴム手袋をした指でスーッと塗ると意外とキレイに出来ました。

 

ちなみに。。。
余裕があれば1回目の後にペーパー掛けといって、塗った箇所と塗っていない箇所の取り合い(段差)を平滑にするための作業をすると、よりキレイな仕上がりになります。

 

出来上がるまでの間にスタジオにお越し下さった皆様には、お見苦しい状態でご使用頂く事になってしまい大変申し訳ありませんでした m(_ _)m

 

 

 

 

 

お家時間が増え、DIYでやってみたい!でもうまくできるか不安。。。という方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな時は是非、マドリヤへお気軽にお問い合わせください.。.:⁎⁺˳✧༚ 

 

 

マドリヤでは  リノベーション  もやっております!

 

 

詳しくはコチラ↓

https://www.madria.net/reform/

 

ではまた。

 

あらい。

この記事を書いた人

アバター

madoriya

2021年4月11日 投稿|     
淵野辺スタジオ

相模原スタジオ

〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵
3-1-3-1階B

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.