猫もご安全に!

投稿日:2022年04月01日

こんにちは!
4月になりましたね、いよいよ春ですね♪
次女は年少に進級し、保育園のクラスも幼児クラスの2階へ移動に。
毎日自分で気づいて階段に行き、一歩一歩頼らずに自分で登るときもあれば、私と手をつなぎたいと手を出す姿に、次女もいろいろと葛藤しながら進もうとしているんだなぁと朝から涙腺ゆるゆるな母です( ;∀;)

 

さて、本日はすでにマドリヤでお家を建てられたお客様T様のリフォーム?追加工事のお話です。
家を建てるときはいろいろと考えに考え、家族のベストスタイルを決めると思うのですが、猫…という存在は、別の生き物ですのでそうはいかないようです。。
T様の愛猫ちゃんがキッチンの食器棚に登ってしまうというので、キッチンに猫ガードを設けてほしいというのが、T様からのご依頼でした。見た目やコスト、材料も含めて大工さんと検討して、マドリヤ木工部 (マドモコ) にて施工させていただきました!
 

▼BEFORE

 

こんな感じで方立とキッチンへ入るドアを計画…

 

▼AFTER

 

キッチンのペンダント照明の雰囲気とあいまって、黒でもしつこくない雰囲気に仕上がってます!
黒は黒でも、艶消しにしたところ、塗装ムラもわかりにくくなっています。
枠の右端、レンジフードの裏側は掃除ができるように、枠が丁番で開けられるようになっています!
そしてドアは、枠上下にL型の同材とマグネットキャッチをつけて、猫ちゃんの力でも開かないようにしました。
アクリルガラスが入っているのは、下だけです。換気を考え上部は開いています。
自らスケッチや部材詳細を検討しました、マドモコ梅澤渾身の設計でした( ^^) 
これで猫ちゃんも、イタズラせずに過ごせるといいですね!

 

新生活になり、コロナ禍もあり、生活様式が変わっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
洗面台のリフォームやこういうちょっとした工事もマドモコでお受けしておりますので、何か困った方がいらっしゃいましたら、ぜひお問い合わせくださいませ。
同じように、こういうガードが欲しいという新築を検討中の方もぜひ、お気軽にお話ししてくださいね。

 

では、皆様の新しい門出となるこの4月も、ご自愛くださいませ。
ほんだ

この記事を書いた人

本多

本多

2022年4月1日 投稿|     
淵野辺スタジオ

相模原メインスタジオ

〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵
3-1-3-1階B

店舗詳細・アクセス
元町ブランチオフィス

元町ブランチオフィス

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町4-168
BIZ comfort元町ビルB1F / 3F

店舗詳細・アクセス
八王子ブランチオフィス

八王子ブランチオフィス

〒192-0082
東京都八王子市東町12-8
長澤ビル4F / 5F

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.