マドモコ 引き渡し 着工ラッシュです

投稿日:2022年03月21日

マドリヤ梅澤です。

 

自社施工部隊マドリヤ木工部 先日11棟目の地鎮祭が終了し、8棟目のお引き渡しが完了いたしました。できるかな、できないかな とか悩んでいた時期が懐かしく思えるくらい、今では普通に上棟して竣工していきます。協力業者の皆様 ありがとうございます。

 

 

今日は今年の引き渡し物件をまとめてご紹介です。

 

まず 『海老名の高断熱住宅』

 

 

角に佇む代表落合。 床下エアコンの効果もあって 冬でもあったか。 設計は山田。この物件から施工の標準化を進めるべく標準施工図を製本図に添付して進めることに。標準図面では納まらない仕様や納まりが多発し、担当大工さんとぶつかることもありました。根気よく付き合ってくれてありがとうございました。めげずに標準化がんばります。

山田君の物件だな~というスタイルが確立しつつあります。

 

 

次は『猫と暮らす家』

 

 

こちらは設計は私。 ネコちゃん3匹と暮らす為の家と言っても過言ではない。私自身猫を飼ったことが無いので、お施主様に猫ちゃんの習性など聞きながら、お互いにアイデアを出し合ってできたおうちです。実は猫を前面にお話ししてきましたが、それと同じくらい重要だったのがお隣のご実家への陽当たりです。屋根の高さを方角とにらめっこしながら検討して、冬でも陽が入るように設計しました。キャットウォークが狙い通り機能した時には感動のあまり鳥肌が立ちました。

 

 

最後に 『ブーメランハウス』

 

設計担当は相須。 写真では全くわかりませんが、おうちの形がブーメランなんです。

 

 

そこで命名 ブーメランハウス。監督・職人さん達も頭を悩ませながら、やっと完成した物件です。最後にはやっぱりこの家はブーメラン型だからこそ この景色が得られたんだなと 納得しました。どこの窓を見ても景色が抜けていて、ずっと家にいたい と思わせる設計です。

 

今年は昨年よりも倍以上の棟数をご依頼いただき ありがとうございます。

まだまだ進化するマドモコですが 一緒に家づくりを楽しめれば幸いです。

宜しくお願い致します。

 

 

左官研修

投稿日:2022年03月14日

こんにちは。

先月(2月21日)から1カ月、左官研修中の井上です!

現場での仕事がしたいと思い、代表の落合に紹介してもらい栃木県へ研修に来させてもらっています。

今日は、左官研修の内容を少し紹介いたします。

 

左官は養生が仕上がり線になるので、一番大切な仕事と言われている養生練習からスタートです!

養生は、まっすぐ貼る練習→角の養生練習→複雑な形の養生練習→実際の建具枠(サッシ)養生等、順を追って試験にクリアしてから次の課題に取り組んでいます。

貼る→はがすの繰り返しをしていた為、ものすごい養生テープの消費量でした、、、( ゚Д゚)

これだけやったので、まっすぐ貼れるようになりました!!!

 

 

そして、現在は壁・天井を塗る練習をしています!

材を隅にまでしっかり入れ、材が隙間なく塗れるように特訓中です!

まだパターン(柄・模様)は付けずに平らにならした写真ですが、これからいくつかのパターンもたくさん練習してきます!

また天井は材が乾くのが早いので、スピード勝負です!

 

研修自体は、あっという間に残り2週間しかありません!

日数を数えると少ないですが、なるべくたくさんの事を学んで、持ち帰れるように頑張ってきます。

お客様に喜んでもらえるような仕上げができるように、いろんな道具も使いこなしていきたいと思います!!!

という事で、最近の井上紹介でした!

 

 

大工2ヵ月目

投稿日:2022年03月07日

こんにちは!マドモコ大工の井尻です!

 

今年1月10日から大工をはじめ、早、2ヵ月になります。

 

現在A様邸に携わらせて頂いているのですが、無事1月に上棟し、現在はすでに石膏ボード張り(壁紙の下地となり、工事の終盤)の工事を行っております。

 

 

 

 

 

住宅の工事は進むのが早いもので、着工(基礎工事)からおおよそ一か月で上棟をむかえ、大工さんが工事を行うのがおおよそ2ヵ月~3ヵ月(その間に外部は屋根、外壁等工事が行われます。)、そのあと壁紙や設備関係の工事となり、着工からお引渡しまで4.5~5.5ヵ月程度となります。(上記は注文住宅の場合の工期(建物の工事内容にもよりますが)で、建売住宅はもっと早いですね!)

 

お客様からみてあっという間だと思われる方が多いと思うのですが、大工をはじめて本当にあっという間に完成間直まできてしましました(笑)。今まで何をしてきたかというと色々教わってきたのですが、じゃあ次からは自分で考えてやってみろと言われてもできる気がしません(笑)。それだけ内容は細かく、行う量も多く、考えることもたくさんあります。人が住むためのものを建てるのですから、それが当たり前ですよね。到底簡単には覚えられません。

 

一つ僕が運がよかったのが、5年間監督や設計、監理に携わってきて、ある程度工事の内容も把握している分、親方に教わっていく中で早く理解できて、やらされているというわけでもなく考えながらできたことが一番良かったと思います。この2ヵ月の間、本当に夢中で楽しみながら行えました。ただ、大工を社会人一年目から始めるとなると、考えるだけできついというか、続かない人たちの気持ちも分かりますね(笑)。

 

大工をはじめて現在目標(気を付けていること)としていることが「横着しないこと」です。安全第一でケガをしないということもそうですし、丁寧な仕事を行おうと心掛けております。体勢一つでも無理をしてよいことは一つもありません。A様邸は残り2~3週間程で大工工事が完了になりますが、問題なくお客様にお引渡しできるよう精進してまいりたいと思います。

 

それではまた!

 

井尻

完成宅写真撮影

投稿日:2020年04月06日

こんにちは、新山下スタジオの山田です。

新型コロナの影響で、不安で鬱々とした気持ちになってしまう今日この頃。

以前お引渡しさせて頂いたお客様宅にプロのカメラマンさんをお呼びして写真撮影を行わせて頂きました。

大開口サッシから見える満開の桜 、そして快晴の青空!(わかりづらい写真ですみません…)

こちらの住宅はスキップフロアの住宅で、中2階のリビングから2階へ上がる階段がストリップ階段となっており、LDKからだけで無く、階段を通して玄関からも桜を見ることができます。

1階ダイニングにカメラを据えて、リビングとの空間の繋がり、背景の桜の木のアングルを模索中の様子を撮った1枚。

各お部屋を撮影して頂いき、その写真1枚1枚が、どのような写真になっているかワクワクしながら、また一方で、お引渡しして家具が置かれ、生活が始まっている光景に感動を覚え、本当に素敵な1日となりました。

最後になりますが、このような時期に写真撮影でお邪魔させて頂くことを快諾して頂きまして、誠に有難うございました。再度この場をお借りして感謝の意を申し上げます。

こちらのお宅の紹介は、カメラマンさんから写真が届いた際、その写真と共にさせて頂きます!

何気ない会話からの学び

投稿日:2020年02月29日

こんにちは、新山下スタジオの山田です。

私は静岡県の旧清水市出身で、現在妹が地元で家づくりを計画中です。

そんな妹にアドバイスを求められ、「北側にバルコニーを設ければ富士山が見えるのでは?」と言ったところ、「富士山が見えてどうするの?」と一言。

そうなのです!確かに自分が清水で暮らしている時に、 いつも何となく見える富士山に何か特別な感情が芽生えたかというと、そんなこと無かったかと思います。

清水を離れて早15年、今となっては富士山が好きで、「富士山世界遺産センター」にも行ってきました。「 最後の展示物? 」は本物の富士山です!この感動は是非ご自身の目で見て感じて頂きたいです!

富士山世界遺産センター

最上階の展示物

話がそれましたが、妹との話で「ハッ!」とさせられ、 勿論今回は富士山という特別な存在でしたが、その土地で見つけられる「実は特別な景色」を設計の中で切り取っていきたいと思った出来事でした 。

淵野辺スタジオ

相模原メインスタジオ

〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵
3-1-3-1階B

店舗詳細・アクセス
元町ブランチオフィス

元町ブランチオフィス

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町4-168
BIZ comfort元町ビルB1F / 3F

店舗詳細・アクセス
八王子ブランチオフィス

八王子ブランチオフィス

〒192-0082
東京都八王子市東町12-8
長澤ビル4F / 5F

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.