1年点検

投稿日:2022年05月16日

先日「逗子の家」に施工をした工務店さんと1年点検にお邪魔させていただきました。

 

どのお客様もですがお伺いする度に思うのはマドリヤのお施主様力の高さ。

それぞれの個性でセンス良くお住まいいただいていて大変嬉しくありがたい限りです。

 

 

オーナーのM様ご夫妻はお庭や内装などを少しづつ手を入れていただいていて、試行錯誤はあるけど楽しみながら少しづつ植栽を増やしてるんです、とお話いただいたお庭は設計段階でこの位置に緑があると室内の奥行感がや庭との一体感が出て心地の良い場所になるだろう、と私が想定していた狙い通りになっていて、室内はテレビ上には飾り棚が増え、グリーンや小物も充実してきていてM様の生活の匂いが感じられより深みのある家に進化していました。

 

 

 

1年点検は、お客様から気になる点などをお聞きし、私たちの設計の答え合わせというか散りばめた伏線が回収されているか確認し新たな気付きを得る貴重な場。

 

今回M様からも色々なご意見を伺う事ができました、ありがとうございました!

 

アイス

電気工事について

投稿日:2022年04月26日

こんにちは!どいです。

今回は電気工事についてお話しさせてもらいます。
内装工事(クロスや塗壁)が完了すると照明器具や洗面台など設備機器が取り付けられていきます。

電気工事業者の方がこのような形で器具を取り付けています。

 

 

 

白い線が接地側、黒い線が非接地側と呼びます。
白い線についてはアース線を介して地面と接しているため触れても身体に電気が走ることはありません。黒い線は電源とつながっており、コンセントに関しては黒い線が接続されている側にえんぴつを入れると電気がピリッと走ることとなります。

 

 

 

 

ダウンライトなども下記写真のように接続して天井の開口に取り付けています。思ったよりも単純な構造となっています。ダウンラインとの場合はN(ニュートラル)に白を接続する規定となっています。

毎日使う電気器具ですがなかなか裏側を見ることはないと思うので紹介してみました。

各器具ごとに動線のむき出しの長さや白と黒の被覆部についての長さに規定などもあるため、知識がないと施工不良が発生しやすいものとなります。

 

電気配線については施工不良となると火事が発生するリスクがあるので必ず有資格者に対応してもらってください。

私は数年前に職業訓練校に通った際に施工を学び資格を取得しており、少しずつ施工機会を作れればと思っております。

 

 

最後に話は変わりますが、うれしいことに最近、マドモコにて新しい現場が2つ着工となりました。

現場ごとにいろんな大変なことに出会いますが、いろんな経験を経て少しずつ対応できることが増えてきており良い経験ができていると実感しております。

安全かつ正確な施工を進捗できるように日々励んでいきますのでご指導をお願いします。
 
 

どい

 

猫もご安全に!

投稿日:2022年04月01日

こんにちは!
4月になりましたね、いよいよ春ですね♪
次女は年少に進級し、保育園のクラスも幼児クラスの2階へ移動に。
毎日自分で気づいて階段に行き、一歩一歩頼らずに自分で登るときもあれば、私と手をつなぎたいと手を出す姿に、次女もいろいろと葛藤しながら進もうとしているんだなぁと朝から涙腺ゆるゆるな母です( ;∀;)

 

さて、本日はすでにマドリヤでお家を建てられたお客様T様のリフォーム?追加工事のお話です。
家を建てるときはいろいろと考えに考え、家族のベストスタイルを決めると思うのですが、猫…という存在は、別の生き物ですのでそうはいかないようです。。
T様の愛猫ちゃんがキッチンの食器棚に登ってしまうというので、キッチンに猫ガードを設けてほしいというのが、T様からのご依頼でした。見た目やコスト、材料も含めて大工さんと検討して、マドリヤ木工部 (マドモコ) にて施工させていただきました!
 

▼BEFORE

 

こんな感じで方立とキッチンへ入るドアを計画…

 

▼AFTER

 

キッチンのペンダント照明の雰囲気とあいまって、黒でもしつこくない雰囲気に仕上がってます!
黒は黒でも、艶消しにしたところ、塗装ムラもわかりにくくなっています。
枠の右端、レンジフードの裏側は掃除ができるように、枠が丁番で開けられるようになっています!
そしてドアは、枠上下にL型の同材とマグネットキャッチをつけて、猫ちゃんの力でも開かないようにしました。
アクリルガラスが入っているのは、下だけです。換気を考え上部は開いています。
自らスケッチや部材詳細を検討しました、マドモコ梅澤渾身の設計でした( ^^) 
これで猫ちゃんも、イタズラせずに過ごせるといいですね!

 

新生活になり、コロナ禍もあり、生活様式が変わっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
洗面台のリフォームやこういうちょっとした工事もマドモコでお受けしておりますので、何か困った方がいらっしゃいましたら、ぜひお問い合わせくださいませ。
同じように、こういうガードが欲しいという新築を検討中の方もぜひ、お気軽にお話ししてくださいね。

 

では、皆様の新しい門出となるこの4月も、ご自愛くださいませ。
ほんだ

マドモコ 引き渡し 着工ラッシュです

投稿日:2022年03月21日

マドリヤ梅澤です。

 

自社施工部隊マドリヤ木工部 先日11棟目の地鎮祭が終了し、8棟目のお引き渡しが完了いたしました。できるかな、できないかな とか悩んでいた時期が懐かしく思えるくらい、今では普通に上棟して竣工していきます。協力業者の皆様 ありがとうございます。

 

 

今日は今年の引き渡し物件をまとめてご紹介です。

 

まず 『海老名の高断熱住宅』

 

 

角に佇む代表落合。 床下エアコンの効果もあって 冬でもあったか。 設計は山田。この物件から施工の標準化を進めるべく標準施工図を製本図に添付して進めることに。標準図面では納まらない仕様や納まりが多発し、担当大工さんとぶつかることもありました。根気よく付き合ってくれてありがとうございました。めげずに標準化がんばります。

山田君の物件だな~というスタイルが確立しつつあります。

 

 

次は『猫と暮らす家』

 

 

こちらは設計は私。 ネコちゃん3匹と暮らす為の家と言っても過言ではない。私自身猫を飼ったことが無いので、お施主様に猫ちゃんの習性など聞きながら、お互いにアイデアを出し合ってできたおうちです。実は猫を前面にお話ししてきましたが、それと同じくらい重要だったのがお隣のご実家への陽当たりです。屋根の高さを方角とにらめっこしながら検討して、冬でも陽が入るように設計しました。キャットウォークが狙い通り機能した時には感動のあまり鳥肌が立ちました。

 

 

最後に 『ブーメランハウス』

 

設計担当は相須。 写真では全くわかりませんが、おうちの形がブーメランなんです。

 

 

そこで命名 ブーメランハウス。監督・職人さん達も頭を悩ませながら、やっと完成した物件です。最後にはやっぱりこの家はブーメラン型だからこそ この景色が得られたんだなと 納得しました。どこの窓を見ても景色が抜けていて、ずっと家にいたい と思わせる設計です。

 

今年は昨年よりも倍以上の棟数をご依頼いただき ありがとうございます。

まだまだ進化するマドモコですが 一緒に家づくりを楽しめれば幸いです。

宜しくお願い致します。

 

 

左官研修

投稿日:2022年03月14日

こんにちは。

先月(2月21日)から1カ月、左官研修中の井上です!

現場での仕事がしたいと思い、代表の落合に紹介してもらい栃木県へ研修に来させてもらっています。

今日は、左官研修の内容を少し紹介いたします。

 

左官は養生が仕上がり線になるので、一番大切な仕事と言われている養生練習からスタートです!

養生は、まっすぐ貼る練習→角の養生練習→複雑な形の養生練習→実際の建具枠(サッシ)養生等、順を追って試験にクリアしてから次の課題に取り組んでいます。

貼る→はがすの繰り返しをしていた為、ものすごい養生テープの消費量でした、、、( ゚Д゚)

これだけやったので、まっすぐ貼れるようになりました!!!

 

 

そして、現在は壁・天井を塗る練習をしています!

材を隅にまでしっかり入れ、材が隙間なく塗れるように特訓中です!

まだパターン(柄・模様)は付けずに平らにならした写真ですが、これからいくつかのパターンもたくさん練習してきます!

また天井は材が乾くのが早いので、スピード勝負です!

 

研修自体は、あっという間に残り2週間しかありません!

日数を数えると少ないですが、なるべくたくさんの事を学んで、持ち帰れるように頑張ってきます。

お客様に喜んでもらえるような仕上げができるように、いろんな道具も使いこなしていきたいと思います!!!

という事で、最近の井上紹介でした!

 

 

淵野辺スタジオ

相模原メインスタジオ

〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵
3-1-3-1階B

店舗詳細・アクセス
元町ブランチオフィス

元町ブランチオフィス

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町4-168
BIZ comfort元町ビルB1F / 3F

店舗詳細・アクセス
八王子ブランチオフィス

八王子ブランチオフィス

〒192-0082
東京都八王子市東町12-8
長澤ビル4F / 5F

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.