16棟目地鎮祭と現場のこと

投稿日:2022年08月23日

うめざわです。

先日マドモコ16棟目の地鎮祭でした。もう16棟目かと思うと常にマラソンを全速力で走り続けているような。そんな感覚です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気が不安定で心配でしたが、ギリギリ雨に降られず 滞りなく 終了。

A様おめでとうございました。

そしていつも励ましてくれる神主さん、ありがとうございました。

ご夫婦と元気いっぱい3人のお子様 とねこちゃんのおうちです。

精一杯頑張ります!

 

 

 

もう一つ。

町田市で 工事中の現場は基礎工事中です。

緑豊かなとても魅力的な土地に ご夫婦のおうちを施工中。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは風致地区という事で、確認申請受理までにかなりの時間がかかりました。

造成計画や風致申請で毎週のように役所へ通い、やっとのことで確認が下りました。

現場監督のみやっていた頃は 設計担当に「まだ確認おりないの??」とぼやいていたものです。

設計と施工両方をやるようになって そんな言葉はもう出てきません。

設計も確認申請も簡単には行かないこともあるんだなと今は理解できますが その頃を思い出すと恥ずかしい思いです。

まだまだ暑い日が続きますが 安全第一で頑張ります!

 

 

大工8ヵ月目

投稿日:2022年08月08日

こんにちは!マドモコ大工の井尻です。

 

7月いっぱいで、自分が設計、打ち合わせをさせて頂いたM様邸の木完を迎えましたが、5月末の上棟から7月末までの2ヵ月間、今まで以上にあっという間に時間が過ぎました。
 

 
工事に携わっている中で感じたことが、まず質疑応答がスムーズに行えることです。親方から質疑があれば自分がその場ですぐ応答ができ、設計の意図や、こういう形で納まりを考えている等、設計者としての考えを直接伝えられたのがよかったと思いますし、この場所はこういった納め方にしたほうが良いのではないかといった相談も行えました。また自分が納める場面でも、この場所はお客様とこういった打合せ、話をしたななど、常に考えながら作業することができました。(打合せ通りに納められていたか夜中まで気になっているときもあり、考えすぎなところもありましたが(笑))
 

大工工事以外の業者さん(電気業者さんや設備業者さん等)との工事のタイミングや納め方の兼ね合い等、つねに現場を確認しながらマドリヤの現場監督とコミュニケーションがとれていた点もよかったと思います!が、逆に悪い点を挙げると、現場が気になりすぎて現場監督の仕事まで自分で行ってしまった点です。監督まで行えるのが理想ではあるとは思うのですが、現状は工事を任されている立場ですので工事に集中できていなかったのは反省すべき点でした。
 

自分で設計させて頂いた物件を大工としてはじめて携わらせて頂きましたが、お客様とはちょうど一年間程度、土地探しからのお付き合いとなります。当初は提携工務店さんに工事を行って頂く想定をしておりましたが、僕が大工修行をはじめるタイミングと重なり、自社施工での工事をお願いする形となりました。お客様にとってはご不安等もあったかと思いますが無事木完することができ、このような経験をさせて頂いたことに感謝申し上げます。
 

木工事は完了しましたがお引渡しまではあと2ヵ月程度ありますので、安全第一でお客様に喜んで頂けるよう、精進してまいりたいと思います。
 

それではまた!

「エアコンが効かない」

投稿日:2022年08月02日

 

ここ数日凄い猛暑ですね。
屋外にでると思わず「うぁっ」と声が出てしまいます。

 

マドリヤでは各担当の物件をスタッフみんなで見学して評価し、次の設計に活かすという社内レビューというものを行っていまして
昨日会社の車にスタッフ乗り合わせで移動したのですがとにかくエアコンが効かない!
こんな時「人体発熱量もかなり影響しているな・・・」などと頭をよぎるのは普段住宅の温熱の事を考えている設計者の性。
人が出す熱はおおよそ100Wといわれていますので5人乗車だと500Wのヒーターをつけながら走っているような状態です。
その上外気温が36度、7度の状況で空気の入れ替えのため外気導入モードにしていたのでエアコンが効かないのは当然かもしれません。


ただ自動車のエアコン、実はかなり能力が高くリビングに設置するエアコン並みといわれています。
リビングの広さと比較して圧倒的に小さい空間なのになぜこんなに高い能力なのか、それは住宅に比べて圧倒的に断熱性が低いから。
また窓比率の関係で日射取得量もかなり大きな自動車は先ほどの人体発熱量も合わせて考えると相当な能力が要求されるのです。

 

(日射量の参考データ。相当な熱量というのが分かります)

 

 

マドリヤでは高い断熱性能や日射取得のコントロールで家全体をエアコン1台や2台で成立するような設計も行っているので、それを考えるとやっぱり家の性能って重要なのだと改めて思います。

 

ちなみに我が家もエアコンが効かずにここ数日悩んでいます。
10年以上前に建てた我が家の窓はアルミサッシ・・・・現在Low-e ガラスへの入れ替えと2重窓の工事を計画中。

 

アイス

 

夏の日々

投稿日:2022年07月11日

こんばんは、土井です。
最近は梅雨も明けて暑い日々が続いておりますが
現場では各職人の方々はいろんな暑さ対策をしながらも
工程通り建築できるように一生懸命作業していただいています。

 

 

今、外作業される方は空調服は必須ですね。冷感スプレーや保冷剤などを入れると
効果的なようです。

微力ながらも職人の方々がスムーズに作業できるように
できる限り協力できればと思うこの頃です。

 

先週は台風が上陸する恐れがあったため
足場のネットを畳んだり足場が倒れないように足場の大きく揺れないように
控えの確認するなど現場にて作業してきました。

 

 

作業時間の少し前から雨が降り始め、作業中には本降りとなっていました。
最近は外に出ると雨が降ることが多いので雨のタイミングが重なってしまったひとには
申し訳ない気持ちでいっぱいです。雨どいがまだ施工されていないため屋根から滴る雨によってびしょ濡れになりながらの作業でした。雨どいの大切さが身に染みてきましたね。

 

 

事務所に戻るころには雨はすっかり弱くなり台風も温帯低気圧となっていました。
備えあれば患いなし。なのでこれからもしっかり対応していきたいと思います。

 

 

ただ、温帯低気圧になってくれたおかげで先週末の上棟を無事執り行うことができました。
一生懸命やっているとたまには天気も味方してくれるのかもしれないですね。

 

 

 

 

身体が暑さに慣れず疲れも取れにくい初夏ではありますが
スイカやキュウリなど水分の多い食べ物を食べて元気に過ごしていきたいです。

 

 

 

皆様も身体に気を付けて、無理をせず、長い夏を乗り越えていきましょう!!

 

マドリヤ どい

 

音楽室♪

投稿日:2022年06月06日

梅澤です。

 

昨年からピアノ教室に通っています。

 

 

事の発端は次女のピアノ辞めたい発言から。

 

私自身小さいころからピアノを習っていたのですが、小学6年生の頃まではほぼ強制的にやらされていたという感じ。中学に入ってから急に楽しさを感じるようになり、社会人になる前まで続けていくことができました。

 

継続は力なりと言いますが、途中で辞めなくて本当に良かったと思っています。

 

がしかし 子供は日々の練習がしんどくなってきたのか辞めたいと・・・もったいない。そこで「ママもピアノ始めるから一緒にやろう」と勢いで言ってしまったのです・・・

 

うちの子供が習っているピアノ教室は大人の生徒さんも多く、ここなら習えるかもと先生に相談したところ 私の空いた時間にレッスンしてくれると!先生ありがとう!!

という事でまたピアノを始めました。久しぶりにベートーベンと向き合っていますが、大人になって弾くのと感覚が違い、改めてピアノの楽しさを感じています。大人がレッスンで弾けないのは恥ずかしいので 必死です(笑)

 

前置きが長くなりましたが、音楽室の話。

 

我が家には音楽室があります。旦那さんがドラムを思いっきり叩きたいという夢と 子供たちのピアノレッスンの為にと作りました。

 

さすがにドラムは少々外に音が聞こえますが、ピアノは夜中弾いても大丈夫なレベルです。と言っても夜中弾く事は無いのですが、へたくそでもご近所に聞こえないので集中してレッスンができます。

 

そんな音楽室があるから続けてほしいのです、ピアノ。母の想い伝わるのやら。

 

先日ご契約いただいたT様邸のコンセプトは 音楽室のあるおうち です。ご主人がギターで奥様がピアノ。公私ともに音楽と一緒にいる感じです。

 

楽しいおうちができるように、設計も施工も頑張ります!

 

 

 

 

 

 

淵野辺スタジオ

相模原メインスタジオ

〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵
3-1-3-1階B

店舗詳細・アクセス
元町ブランチオフィス

元町ブランチオフィス

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町4-168
BIZ comfort元町ビルB1F / 3F

店舗詳細・アクセス
八王子ブランチオフィス

八王子ブランチオフィス

〒192-0082
東京都八王子市東町12-8
長澤ビル4F / 5F

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.