住宅デザイン学校

投稿日:2018年06月30日

5月から伊礼智さんの住宅デザイン学校に行かせてもらっています。

 

前回は茨城へ。

伊礼さん設計 柴木材店さん施工のi-works1.0を見学してきました。

素材感や空間構成など、何もかもが繊細で・・ここに住みたいと思いました(笑)

 

翌日は即日設計です。生徒と伊礼さん、講師の方々と敷地調査をして3時間でプレゼンまで仕上げるという緊張感。

全国から伊礼さんの設計を勉強をしたいという生徒さんたちが来ています。

皆 必死でプランを書き上げます いや、私だけ必死なのか?

とにかく時間がないので、自分の考えを短時間でどうやったら伝わるか 考えて考えて・・・

声が震えてしまうほど緊張しながら発表です。

伊礼さんや講師の方々に、直球のご意見を頂きます。

帰り道は少し凹みながら、でもやってやるぞ~という気持ちがごちゃ混ぜになりながらトボトボ歩きます。

この年になって勉強する機会を与えてくれた代表にも感謝。来月は最終回、自分の思いが伝わるような設計ができるといいな。

うめざわ

 

お打ち合わせでほっこり

投稿日:2018年06月29日

こんにちは!

 

先日またほっこり。

 

N様邸のお打ち合わせの際いつも良い子に待っていてくれるお子様。

 

その日はお絵かきして待っていてくれました。

 

そして、少し照れながら見せてくれた絵。

 

 

左から柏村、落合、梅澤。

 

か、か、か、可愛い!!!!

 

しかもありがとうまどりやさんなんて・・・

 

こちらこそありがとうございます!!

 

ミニマルなニッチ

投稿日:2018年06月27日

順調に工事が進んでおります、K様邸です。

リビングの一角とUB近くにスイッチやリモコンのためのニッチ

を作りました。

ニッチというと、広くて何か飾ったり、鍵などの置き場にすることも

出来るのですが、別の場所に有孔ボードでの装飾壁を検討している

ことと、シンプルに仕上げたいということもあり、

ミニマルなニッチサイズにしてみました。

「ミニマル=最小限」なので、余白が少ないです。

あれば、どうしても物が増えてしまいがちですよね。

そこを削ってミニマルにしていくとお家がスッキリしていきます。

核家族のコンパクトなお家では尚更ではないでしょうか。

出来上がりが楽しみです(*^^*)

雨の日の上棟

投稿日:2018年06月26日

ここ最近は毎月どこかの現場で上棟が行われているマドリヤですが、工事にとって梅雨の時期というのは嫌われつつも避けて通れません(>_<)

 

この日も担当させて頂いている川崎エリアの3階建ての上棟があり、夕方にお清めを行いました。

梅雨に突入しており、この日は朝からあいにくの雨、、、

 

 

他ではあまり見られませんが、雨の日の上棟の場合は工務店さんには全体をブルーシートで養生してもらい、少しでも雨を防げるような取り組みをして頂いております!

 

多少雨にぬれても大丈夫ですが、出来ることはやる、ということで取り組んでおります。

夕方には雨もやみ、次の日も晴れの予報なので、乾いてくれるはず!

 

「こだわり」も大事ですが、ご夫婦の意見の微妙な対立も重要ですよというお話。

投稿日:2018年06月25日

調布のO様邸へ、お引越し後の暮らしの様子を拝見してきました。

 

木製サッシの状況や、空調の効き具合、暮らしてみて気づいたことなどをいろいろとお聞きでき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

キッチンのところにある表しの無垢の柱を見ると、娘さんの身長の記録が。

 

この仕事を通じてよく思うこととして、

ああ、この子達はここで成長して大人になっていくんだな、ということがあります。

責任重大ですよね。

マドリヤへ来られるお客様のお話をうかがっていると、

住まいの価値観は本当に千差万別で、「あたりまえ」が夫婦ですら違う場合もあるぐらい多様だと感じています。

「実家はこうだった」「いや、うちの実家はこうだった」などなど。

 

賃貸で暮らしていたら気づかない、「あたりまえ」の違いが家づくりを通して顕在化し、対立し、落としどころをさがし、

それをデザインに落とし込む瞬間、それが子供たちの「あたりまえ」になっていく。

そこにとても価値があると思いたい。

 

家づくりを考え始めると「こだわり」という言葉がよく出てきますし、それもとても大事ですが、

ドラマチックでわかりやすい「こだわり」より、

こういった「あたりまえ」の微妙な違和感を、ご夫婦の会話のニュアンスなどから掴んでいきたいと考えており、

落合の興味はどちらかというとそっちにあったりして。

 

よく、「私の仕事は夫婦げんかの仲裁です」と申し上げていますが、

家を作って本当の夫婦になったね、というような家づくりにこれからも携わっていきたいです。

 

くれぐれも、マドリヤへはご夫婦の意見を統一せずにお越しください!

 

マドリヤ落合

 

 

 

 

 

 

淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.