集合写真を撮りました(建物以外の写真の難しさについて)

投稿日:2017年07月13日

先日、全体ミーティングで全員が集まったので、集合写真を撮りました。

 

たまたま来ていた田代さんにシャッターをたくさん押してもらいましたが、

全員が自然な笑顔の写真というのは難しいです。

 

↓この写真が一番マシといえばマシなほうなのですが、

相須が真顔になっちゃってますね。

 

田代さんが「向谷地さんがなんか変。」「なんか変なんだよなー」

とつぶやいておられましたが、

たしかになんか変。

 

仕事柄、建物の写真をパリッととる秘訣やなんかはいろいろ聞きかじってますが(できてませんが)、人間はノーノウハウ。てさぐり。

 

もう、どうすればいいですかね。

 

おちあい

黒板塗料をDIYにて。(ミカン色)

投稿日:2017年07月08日

昨日、お引越ししたばかりのA様邸(相模原)にて、黒板塗料DIYのお手伝いをしてきました。

黒板塗料はローラー塗りが簡単でおすすめです。
今回選んだ色はミカン色。
http://www.colorworks.co.jp/product/kakeru-paint/
カラーワークスさんというところの商品です。
マグネットはくっつかないタイプです。

「美術は1でした」というご主人には待機いただいて、奥様の作業が進んでいきます。

落合はマスキング担当。
マスキングを(地道な作業ですが)しっかり行うと仕上りがきれいです。

濃いグレーや濃い緑色などの黒板らしい色合いもよいですが、
ナチュラルなインテリアにはインパクトが大きすぎてしまう懸念があります。
そんなときに使えるな!ミカン色!

おちあい

足場板がデッキになって三年後。

投稿日:2017年07月05日

先日、日曜日のお昼頃、自宅に寄ると家族の気配がしない。

あれ、と思って庭のほうへ行くと、
デッキに座ってくつろいでおられました。

 

ウッドフェンスが施工途中なのは秘密です。

 

外で過ごして快適な時期はとても短いので、
こうやって楽しめるといいですよね。

杉足場板を使って自作したデッキも三年目。
板を支える部分(大引)がやせて、すこしギシギシ言いますが、束を調整すれば大丈夫な範囲。

「毎年塗装を頑張ろう」と誓ったのに結局一度も塗り替えなし。でも年末の大掃除ではデッキ(!)ブラシで汚れを落としています。

力いっぱいこすったからか、
杉の柔らかいところが徐々にとれて、木目がはっきりとしてきました。

精度をもとめるなら職人さんに作ってもらったほうがいいと思いますが、ご興味があれば作り方は簡単かつ、ローコストなので、伝授いたします!

おちあい

木、一本でも植えませんか?

投稿日:2017年06月03日

こんにちは、柏村です:-)

 

先日、担当致しましたお客様より

「綺麗に咲きました」

と植栽のお写真が届きました!

 

 

こういうご報告をいただけるのはとっても嬉しいですね(*^^*)

 

こちらはお家から前の道路がすごく近い場所で、植栽が植えられる範囲が奥行50cm、幅が1m程度でした。

 

しかし、やはり緑がないのは寂しいからと土の部分を残し、植栽は御施主様で行っていただいたのですが、少しの範囲でもぐっと雰囲気が変わりますね♪

 

外構にあまり予算をかけたくない・・・

手間がかかりそう・・・

 

そんなあなたに!

次回、コストの減らし方について。

 

 

では、また来週( ˘u˘ )★

室内空間の延長としてのバルコニー

投稿日:2017年05月16日

連休前に水戸にある工務店さんの事務所兼住宅(ショールーム)にマドリヤ一同でお邪魔させていただきました。

部屋の天井が低く抑えられる事による視覚的な効果もあり、非常にコンパクトな間取りなのですが不思議と狭さはなく、むしろ広がりが感じられるという素晴らしい空間を堪能させていただきました。

(タタミスペースもコンパクト。某HMのCMのように僕も狭い所が・・・大好きです。一帖でも十分くつろげました)

リビングの先にあるインナーバルコニーも広さを感じた理由の一つ。
一体的につながる事で室内に取り込まれ奥行きが生まれると共に、この半屋外の空間が日常をより楽しいものにしてくれます。
この日スタッフの方手作りのランチを振舞っていただき、バルコニーのテーブルで食事をさせていただきました。


家づくりを考えられている方なら「お茶くらい出来るバルコニーの広さがあってもいいな」と思う方もいるのではないでしょか。
広さに限りのある敷地では庭も十分に取れないので2階リビングの時など庭の変わりに、というご提案もすることがあります。
実際に私の自宅もリビングと続きになっているバルコニーは1階から植栽を伸ばし庭のように使えれば、というイメージで設計したものです。
長らく物干し場としてしか活用できていませんでしたが、わが子も元気よく走り回るようになったので伸び伸び遊べるようにと転落防止用のネットを先日張りました。
気候も良いので早速今度の休みに家族でランチをしようと思います。

 

淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.