Madria client creators Vol.1 ~鎌倉市レザークラフトのパパキングさん~

投稿日:2018年05月13日

マドリヤのクライアント様の特徴として、創作活動をされている方が多いという点があります。

どちらかというとマドリヤはお客様と一緒に住まいを考えていく傾向が強く(そうあるべきとも考えています)、

ワガママ放題のクリエイターさんたちとの家づくりがマドリヤ自身も大好きということもあると思います。

 

そこで、各クリエイターさんの個性たっぷりの住まいを不定期にご紹介していきたいと思います。

 

第一回は、落合が独立して初期のころのお客様、レザークラフトの「パパキング」さんをご紹介したいと思います。

http://www.papa-king.com/

 

 

元建築関係のご主人と、ジュエリーデザイナーのご夫婦K様のお住まいとして設計させていただきました。

「作ったものを展示できるショールームが欲しい」

「レザークラフト教室ができる大きいリビングが欲しい」

「その代わり、家族だけでくつろげるセカンドリビングがほしい」

などの条件をもりこんだ、わりと素直な案で打ち合わせが進行していく途中で、

「実は四角い家に憧れがあります...」と大幅にプランを練り直した経緯がとても思い出深いです。

大好きです。練り直し。

 

落合もお財布をパパキングさんに作っていただいたのですが、

・シンプルにしたい

・できれば薄くしたい

・折らない、長財布タイプがいい

などご要望をお伝えすると、

色のついていないモックアップとレザーの色サンプルが届き、完成状態がしっかりイメージができました。

 

パパキングさんは湘南モノレール富士見町駅からあるいてすぐの場所にありますので、

一度覗いてみてはいかがでしょうか。

もれなくマドリヤの空間デザインもご覧いただけます!

 

マドリヤ落合

 

ギリギリセーフ

投稿日:2018年05月11日

先日は、T様邸の地鎮祭でした。

 

雲行きが怪しかったのですが、何とか晴れている内に無事地鎮祭行えました!

 

 

おめでとうございます!!

 

終わってすぐに雨が降ってきて、ギリギリセーフでした(;’∀’)

変わりやすい天候が多くなってきますが、無事工事が進みますように。(´人`)

 

完成までよろしくお願い致します!

プランが描けるようになるようにスタッフさんにいつも言っていること。

投稿日:2018年05月08日

先日、即日設計の社内トレーニングを行いました。

「住宅デザイン学校」というプロ向けの研修で行われている内容のフレームをお借りして実施している内容です。

敷地を現地確認し、プランをまとめ、スタートから3時間でプレゼンまでまとめます。

こちらは研修後の打ち上げの様子。

普段、お客様からマドリヤへ来るご連絡は、

「家づくりについて相談したい」か、

「この土地を買っていいかどうかアドバイスがほしい」かの2種類です。

後者の場合、最高のプランをじっくり練り上げるというより、最短で合格点を出すことが求められます。

なぜなら、検討を重ねている間に土地が売れてしまうことが多いからです。

 

なので、短時間で集中し、お客様に見ていただける状態の図を作り上げることはマドリヤのスタッフとしては重要なスキルなのです。

 

落合もけっこうまとめるのが早いほうだと思います。自慢です。

要望をお聞きしながらその場でプランを組み立てていくこともできますし、

現地(敷地)に立ってその場で書くこともできます。

(そのあとじっくりとブラッシュアップしていきます)

 

が、最初からそういうスピード感でまとめることができるスタッフは少ないです。

なので、アドバイスをするシーンがとても多いのですが、

コツは「手を動かす」しかありません。

 

よく手が動く人はそのうち上手になりますのでそもそもアドバイス不要で、

そうでない人はいつまでたっても書けませんのでアドバイスが必要になります。

 

手が動かない理由は「よいプランをいきなり書こうとする」からだとよく言っています。

「まずは最高じゃなくていいからとにかく手を動かして書く」ができないわけです。

 

「いいプランを出したい」

「喜んでほしい」

「頑張りたい」

いろいろ考えれば考えるほど手が止まります。

 

そこで、私はいつも

「自分の家だと思って書いてください」

とアドバイスするようにしています。

 

誰かに見せるための責任をともなったものを「書かなければいけない」という取り組みではなく、

「自分だったらこう住みたい」と気軽に書くのがいいと思っています。

 

「要望事項は見なくていいのですか?」と疑問が出ることもありますが、

それはのちのち軌道修正して取り込んでいけばいいわけです。

 

以前は「コツは手を動かすために不真面目に取り組むことかな~」などとアドバイスしていた時期もありますが、

なかなか伝わらなかったのと、本当に不真面目なプランが出てしまうので今の形に落ち着いています(笑)。

 

落合

新山下スタジオでの打合せの一幕

投稿日:2018年05月07日

ここ、新山下スタジオでは拠点を移してから、すでに多くのお客様と打合せやプラン相談をさせて頂いております。

新山下スタジオでの打合せ第一号のお客様からは、何回目かの打合せの日に、アイスを私たちスタッフの分まで買ってきて下さり、打合せ前のアイスタイムを満喫させて頂きました!ありがとうございました!

 

いや~しかし、環境が変わるととても気分が良いですね(笑)

周辺にはオシャレでおいしいお店が沢山あるので、ランチをお探しならおススメをお伝え致します(^^)/

 

さて、皆さんは注文住宅というと敷居が高いと感じてしまわれるでしょうか??

先日、お客様とお話している中で、次のようなお話がありました。

 

そのお客様にはご自身でイメージしている間取りや使い方、そしてその意味が割と明確にあり、それをご自身のノートへきっちりと描いてきて下さっていました。

何社か相談に行かれているということでしたが、事務所によっては、ざっくばらんにお話がしづらく、せっかく描き留めている間取りノートも見せられる雰囲気ではなかったと、、、

 

注文住宅では、建売や企画住宅では難しい部分に期待をしてご相談に来られているはずなので、せっかくお客様からのヒントやお話のたたき台があるのであれば、そこに設計士としての提案や技術的なアドバイスを織り交ぜつつ、形にしていけるとお客様もより楽しんで家づくりができると思うんですけどね~

 

マドリヤにご相談に来られる際は、遠慮なく何でもお話ししましょう♪

非現実的と思われる質問ほど、実は面白いアイデアのもとになる可能性が高いんです!!

 

 

お引き渡しand見学会

投稿日:2018年04月27日

先日、J様邸のお引き渡しand完成見学会を行いました!

 

 

外壁を横張にしましたが、視覚的に縦張りよりも長さ感が抑えられ、水切りも間に入らないので良い感じです(^^♪

 

ロフトもお子様に喜んでいただき、登るのに争奪戦でした。笑

 

 

 

トイレはお施主様にご用意いただきましたクロスを張りました。

 

 

フラミンゴ柄かわいいです!(*´▽`*)

 

 

狭小ですが、土地の斜め部分を活かし、広がりを見せることで少しでも狭さ感を軽減出来ればとご提案させていただきました。

お施主様もセンスがとてもよく、シンプルandナチュラルな空間になり、見学会に来られましたお客様にもご好評でした(^^)

 

完成まで色々とご協力いただきまして誠にありがとうございました!!

 

淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.