造作風、の良さ

投稿日:2020年02月14日

こんにちは!

マドリヤにお越しいただますお客様でご要望が多いのが、造作!!

しかし、造作は材料費だけではなく手間代で結構な金額になってきます。

特にカップボード。

引出しつけたり扉付けたりとしていくと、内容にもよりますが既製品のカップボードよりもかなり金額がアップすることも(; ・`д・´)

色々やりたい中でなかなかそこだけに予算は避けませんよね・・・

そこでおすすめなのが、既製品をうまく使いつつ、造作よりも価格を抑えて見た目をちょっと良くする造作風。

こちらのカップボードは、カップボード自体は製品。

天板をゴムの集成材にして、造作風にしています。

こちらはカップボードがネイビー色ですが、色をホワイトなどにすると、より造作風になります。

あとは、、既成品の物入れ扉の取手を木製に変えるだけでも雰囲気が変わってきます。

木製にするだけで温かみが出ますね(^^)

全部を木で造作するのも雰囲気が良くてとても魅力的なのですが、お掃除やお手入れなどは既成品がすぐれている面もありますので、既成品の良いところは取り入れつつ木で温かみをプラスするのおすすめしております。

では、また:-)

この記事を書いた人

井手 吏南

井手 吏南

2020年2月14日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.