足場板がデッキになって三年後。

投稿日:2017年07月05日

先日、日曜日のお昼頃、自宅に寄ると家族の気配がしない。

あれ、と思って庭のほうへ行くと、
デッキに座ってくつろいでおられました。

 

ウッドフェンスが施工途中なのは秘密です。

 

外で過ごして快適な時期はとても短いので、
こうやって楽しめるといいですよね。

杉足場板を使って自作したデッキも三年目。
板を支える部分(大引)がやせて、すこしギシギシ言いますが、束を調整すれば大丈夫な範囲。

「毎年塗装を頑張ろう」と誓ったのに結局一度も塗り替えなし。でも年末の大掃除ではデッキ(!)ブラシで汚れを落としています。

力いっぱいこすったからか、
杉の柔らかいところが徐々にとれて、木目がはっきりとしてきました。

精度をもとめるなら職人さんに作ってもらったほうがいいと思いますが、ご興味があれば作り方は簡単かつ、ローコストなので、伝授いたします!

おちあい

この記事を書いた人

madoriya

2017年7月5日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.