設計士に対する言いにくさについて【間取りやり直したい】

投稿日:2016年06月17日

Googleで「まどりや」と検索しようとすると、
「間取りやり直したい」と候補に出ます。

間取りをやりなおしたい方がそこそこ多いということでしょうか。

設計が進んで、「やっぱり間取りをやりなおしたい」というのはなかなか言い出せるものではないと思います。

が、マドリヤではそれは一応オーケー。言ってみてください。

「一応」としているのは、工程やコストに影響が出る場合もありますし、
ある程度工事が進んでしまっていたら変更できない場合もあります。

でも、一応言ってみてください。
工程が進んでしまったその段階でもできることがあるかもしれません。

過去には、建築確認提出直前で「駐車場の位置を変えたい」と申し出ていただいたことがありました。もちろん、駐車場が変われば間取りも変わります。
駐車場の位置をお客様と一緒に現場で確定し、その場で「30分ください」とラフですが間取りをご提案し、それがそのまま最終案になりました。
じっくりとお話をお聞きして価値観が共有できていればこういうこともできます。

「言い出しにくい」と感じず、なんでもかんでもいい合えるお打ち合わせが理想だな、といつも思っています。


おちあい

この記事を書いた人

madoriya

2016年6月17日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.