住まいの規模をピークに合わせない~マドリヤ的ローコスト手法~

投稿日:2021年07月12日

今回は「住まいの適正な大きさはどれぐらいなのか?」というお話です。

 

マドリヤへご相談へ来られる方、例えば4人家族の場合ですが、初回のお話しの中で坪数の話になると「30坪」と言われる場合があります。
そうすると私は「数字としての面積が重要ですか?それとも必要な機能が満たせれば小さくしても構いませんか?」とお尋ねします。
なぜなら、ご夫婦の寝室、子供部屋、ワークスペース、収納関係の空間も含めた通常の4人家族向けの提案でもマドリヤでプランするとこの大きさにはならない可能性が高いからです。

まれに、他社さんの提案プランについてコメントが欲しいといわれて見せていただくことがあるのですが、私たちとの違いが大きく分けて3つあるな、といつも思っています。

1、廊下が長い
2、収納が巨大
3、子供部屋が巨大

です。

「1、廊下が長い」はそのまま動線の長さ=不便さにつながる要素なので短ければ短いほうがいいとマドリヤでは考えています。
例えばソファを置く1畳と、廊下の1畳の工事費はほとんど同じですよね。坪単価60万円とすると、1畳では30万円です。そう考えてしまうと、そのお金についてはただの移動空間ではなく他の使い道で提案したいな、と思っています。

「2、収納が巨大」については、正直なところご家族によって必要な大きさは変わってきますが、それにしても大きい場合が多いです。しまうものが決まっていて、具体的に必要な面積が確定していれば問題ないのですが、「今後、物や服が増えるかもしれないから」というような理由の場合もあります。例えば洋服について、マドリヤでの打合せでは「洋服というものの存在が生きがいや趣味に該当するかどうか」を見極めてご提案しています。ただ単に「捨てられなくて溜まっている服」が収納から溢れるような状況であれば優先順位をつけて捨ててください、とお話しています。なんとなくの収納ではなく、生活の中で活用できる面積を増やせるといいなと思っています。

「3、子供部屋が巨大」についてですが、どれぐらいの面積の部屋をみて「巨大」と思うかというと、「収納付きの(収納含まず)6畳」です。マドリヤでご提案する子供部屋はお子様2人の場合、「4.5+4.5」「3.75+3.75」「3.0+3.0」の大中小3パターンです。正直なところ、子供部屋は中ぐらいの「3.75+3.75」で十分なんじゃないかと思います。ファミリークローゼットが家の中にがあれば、机、ベッド、本棚がちゃんと置けます。子供が成長に伴って個室を必要とする時期は小学校高学年から、長くても大学卒業までの12年ぐらい(子供はずっと家にいてほしい、というお客様には出会ったことがありません)。マドリヤは30代で建てた家は80歳になっても手入れしつつ住めるようにしなきゃいかんと思っていますので、50年は住むうちの25%しか子供部屋は必要ないわけです。その面積のためにコストをかけるなら、夫婦二人になったときにこそ効果を発揮(ヒートショック防止や光熱費の削減)するような、例えば断熱材を厚くしませんか、とかサッシをアップグレードしませんか、という議論がしたいのです。

というようなお話をプランのお打合せではさせていただいています。ご家族の人数、仕舞う物の量のピークに合わせるのであれば、自ずと家は大きくなっていき、ご予算が一定なのであれば坪単価(もしくはひと坪あたりの価値と言ってしまっていいかもしれません)が、低下していき、「ただの大きい箱」を作ることになってしまいます。それは私たちがご提案したい家とはちょっと違います。

子供が巣立ったあと、3.75畳の書斎が二つ、夫婦それぞれのために残るような家づくりがちょうどいいのかな、と思います。

おちあい

この記事を書いた人

落合

落合

2021年7月12日 投稿|     
淵野辺スタジオ

相模原メインスタジオ

〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵
3-1-3-1階B

店舗詳細・アクセス
元町ブランチオフィス

元町ブランチオフィス

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町4-168
BIZ comfort元町ビルB1F / 3F

店舗詳細・アクセス
八王子ブランチオフィス

八王子ブランチオフィス

〒192-0082
東京都八王子市東町12-8
長澤ビル4F / 5F

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.