続々上棟しております!

投稿日:2021年06月14日

こんにちは!
今年は梅雨入りが早いそうですが、最近は最高気温30℃とか続いてますね((+_+))
在宅勤務で作業をしておりますが、エアコンいるんじゃないか?と思うくらいの天気ですね。
これから、エアコンを使う季節になりますので、まず使用する前のフィルターの掃除など
確認したいですね(^^)

 

さて、5月下旬にマドリヤ施工の物件が2軒上棟しました!
ここのところ、付加断熱のおうちが続いております。
マドリヤでいつもご提案するのは、高性能グラスウールを使用した充填断熱です。
それでもしっかり断熱性能を確保できるのですが、屋根や壁などに追加で
断熱材を入れ断熱性能を高めるのが、付加断熱です。
写真のように、フェノールフォームという、グラスウールとはまた違った
板状の断熱材を貼っています。
グラスウールと比較して熱伝導率が小さいため、熱が伝わりにくく、
断熱性能はトップクラスの高さです!
素材自体も耐燃焼性があり、様々な重要文化財などの収蔵施設に使用されているそうです。
付加断熱にする分、イニシャルコストは上がるのですが、それに代わる、いやそれ以上の効果
(断熱効果)でエアコンなどの光熱費を削減することができ、さらに加えて、
健康症状の改善・医療費を削減できることも分かっており、十分に元を取れるのでは…と、考えております。

 

では、付加断熱しなきゃダメ??
全然、そんなことないです!(笑)
これだけ前置きしておいて…となるのですが(^-^;、いつもご提案する高性能グラスウールでもしっかりと断熱性能を確保できます。
その時に肝となるのは、窓を樹脂サッシにすること。
この二つの採用で、フラット35Sを取得することができます!
(SAプランで、10年間の間、金利0.25%引き下げられ、借入額3000万円で年70万も
返済額を削減でき、お得になります(^^))
もちろんフラット35の取得についての申請業務や、銀行側との調整もマドリヤにて
行いますので、お客様への負担も少なくなります。

   

今週末に横浜市にて見学会を行いますので、断熱の状況や樹脂サッシの実物など
体感いただけると思います。(残り1枠あります!)
是非お問い合わせください。
次回は木工事の状況などもお伝えできればと思います(^^♪

この記事を書いた人

本多

本多

2021年6月14日 投稿|     
淵野辺スタジオ

相模原メインスタジオ

〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵
3-1-3-1階B

店舗詳細・アクセス
元町ブランチオフィス

元町ブランチオフィス

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町4-168
BIZ comfort元町ビルB1F / 3F

店舗詳細・アクセス
八王子ブランチオフィス

八王子ブランチオフィス

〒192-0082
東京都八王子市東町12-8
長澤ビル4F / 5F

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.