素直な感想

投稿日:2018年02月20日

先週、昨年11月に竣工したM様のお宅へ訪問いたしました。

お引越しされて間もなく年末年始になり、週末はお客様やご兄弟を招いて

ホームパーティーを行うほど、賑やかなご一家です。

年末年始に起こったことなどをお話しているとお客様より

とても素直な感想をいただきました。

「以前に住んでいた家に比べて暖かく、昼は暖房をつけなくても

暮らせています」と高い断熱性能を採用した結果のお話ももちろん

ありましたが、一番印象に残ったのは「結露」に関するお話でした。

ホームパーティーなどでお客様を招くと、皆さん暖かい印象を持たれるそうですが、

結露が全然ないということに驚いていたそうです。

皆さん家の結露に困っていて、どうしてこのお宅は結露がないの?と

不思議になって話を聞いていたとのことでした。

今回M様は樹脂サッシを採用されていますので、

アルミ樹脂複合サッシと樹脂サッシの違いからかなと感じました。

 

樹脂サッシは、アルミ複合サッシに比べ、サッシ下枠の表面温度差がさほどありません。

室温と窓の表面温度が少ないことで窓辺の結露を抑制し、窓に触れたカーテンが濡れたり、

額縁や床にたまった水分がホコリを吸着してしまう不快な汚れを防ぎます。

快適は「暖かさ」だけではなく「結露」という部分において、お客様には重要なんだと

素直な感想を頂いて、ハッとさせられました。

日頃樹脂サッシはおススメしているのですが、「結露」についてもっと推していこうと

思います(^-^)b

 

この記事を書いた人

本多 千絵子

本多 千絵子

2018年2月20日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.