焼杉外壁のご採用について

投稿日:2017年07月27日

神奈川県内某所I様邸にて、外壁を焼杉にすることになりました。

杉の外壁は経験がありますが、実は焼杉ははじめて。

 

サンプルをとりよせてまじまじと観察します。

黒い!焼かれているというより、焦げている!

ワイルド!

 

使うのは奥のより焦げているほう。

案外光沢もあり、複雑な表情です。

 

また、コストもそれほど高額ではないですし、

一方、メンテナンスコストを削減できることを考えればローコスト住宅でも十分選択しになりうると感じました。

 

こういう外壁は和風にまとめていくのがセオリーでしょうが、

今回はザ・モダン。ド・モダン。

 

抽象的なフォルムに荒い質感の焼杉板をはることでどんな化学変化が起こるか。

いまから楽しみです。

 

おちあい

この記事を書いた人

madoriya

2017年7月27日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.