毎週のお稽古について

投稿日:2017年08月04日

正座が苦手です。

体重の増加とともに、年々辛くなってきています。

それでも月3回、お茶の稽古に通っています。

昨日のお稽古は炭のセッティング(初炭)から、
ペースト状の濃いお茶のお点前(濃茶)、
そしてカジュアルな飲みやすい薄茶のお点前。

 

茶事(お客様をお迎えして茶室でもてなすイベント)と同じ流れです。

いつもは薄茶だけ、もしくは濃茶だけのお稽古ですが、先月ほとんどお稽古に行けなかった私のために先生がご提案してくださったのでした。

つまり、正座の時間がいつものほぼ3倍。
案の定、無理でした。

今後の対策としては、
・忍耐力を鍛える
・体重を減らす
のどちらかですが、

忍耐力が着けば自ずと体重は減るという仮説で臨みます。

茶室にできる和室が作りたい。
水屋のある茶室がほしい。
露地のある庭がほしい。
お茶をカジュアルに家で楽しめる設えにしたい。

マドリヤの注文住宅なら低価格でご提案できますので、
ご要望をお待ちしております!

おちあい

 

この記事を書いた人

madoriya

2017年8月4日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.