新しいふでばこ

投稿日:2018年04月20日

私の最近のお気に入りは ふでばこ です。

 

 

蓋の磁石のところが真鍮の釘でとまっていて、顔みたいで可愛い・・・とふとした瞬間に和みます。

一つ一つ職人さんが作っているという所にグッときてしまいます。

木製のものは、使っていくうちに飴色になっていき、味が出てきます。革製品も同じで、飴色になるのをじっくりと待ちます。

家づくりで言うと、床や、造作材ですね。我が家は床がチェリーなのですが、2年経ち、イイ色になってきました。子供たちがおもちゃを落としたり、牛乳をこぼしたり、最初は神経質になりましたが、それも最初の1年だけ。今ではすべてが思い出として刻まれています。

新しいふでばこも、いろんな傷がついたり、色が変わったり、変化を楽しみたいと思います。

 

 

 

この記事を書いた人

梅澤 佐知子

梅澤 佐知子

2018年4月20日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.