断熱性とエアコンと

投稿日:2017年07月18日

5月にお引渡しをさせていただいたお客様からようやくエアコンを取付けましたとメールが届きました。

今のところ2階リビングに1台だけ設置で家全体を賄っています。断熱性の高さのお陰ですね。

家に来訪された方は1階にもエアコンがあるのではないかと感じるくらいだそうです。

小屋裏から床下に空気を循環するシステムを導入していたので、エアコンが設置される直前は1階の寝室では暑くて寝なかったそうなのですが、今は快適になったと伺ってホッとしています。

高気密高断熱の住宅は涼しいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、日射熱の取得や外気からの熱はゼロには出来ないので一度家の中に入った熱は断熱性が高い分抜けずらいのです。

逆にエアコンを稼働させて室温が落ち着けば、一度運転を止めてもある程度涼しさが持続します。

昨年お引渡しをしたお客様からは真冬に暖房をいったん切って半日ほど外出して帰ってきたらまだ暖かったというお話しもありました。

(ただ断熱性の高い家であれば省エネの観点からいくと基本エアコンはつけっぱなしがお勧めですが)

 

ちなみに私の自宅は抜群の断熱性能とは言えない家で2階リビングのエアコンは常にフル運転状態です。

そのせいかここのところ喉をやられてしまって声が出ず仕事にも支障がでております(泣)

やはり性能のよい家が良いなとつくづく感じながら生活する毎日です。

 

アイス

 

 

 

 

この記事を書いた人

madoriya

2017年7月18日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.