将来を夢見る子どもたちのために

投稿日:2018年04月23日

先日、とある小学校を卒業する間際の小学6年生よりFAXをいただきました。

道徳の授業で将来なりたい仕事について調べていたところ、

マドリヤのホームページにグッと来たようで、質問を送ってくれました。

「建築士」や「インテリアコーディネーター」に興味を持った女の子2人からでした。

 

質問は「建築士」という仕事がどういう仕事なのか。

また仕事の大変さ・苦労さ・楽しさとは?それと「面接の仕方」まで!(笑)

私自身の経験やマドリヤの仕事スタイルなどを紹介していき、質問に回答。

これまで十年ちょっと建築という業界に携わっていて、

毎日泣いた夜もあれば笑いあった夜もあり(笑)

今に活きている経験はそれ相応にありますが、

将来を夢見ている子どもたちが、建築士になるのはやめておこうと思わずに

目指していてくれたらいいなぁと思うのでした。

今でこそ女性の建築士の数も多いし、重宝されることもありますが、

やはり男性社会が残るのが建築業界であると思うので、

そういう子どもたちのお手本になれるように日々精進したいですね。

この記事を書いた人

本多 千絵子

本多 千絵子

2018年4月23日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.