子供部屋の標準的な構成について

投稿日:2017年07月22日

落合担当案件は、子供部屋はあとまわしです。

それより、家族で過ごすリビングや、休日のためのスペース、勉強のためのスペースにコストをまわしていただきたいからです。

 

なので、落合担当案件は子供部屋はあとまわしです。

あとまわしの結果がこれである!!

IMG_0361

家具を置きやすくするためにコーナーに配置した窓はタテスベリで風をつかまえるように。

フローリングは傷つきやすいけど暖かくてローコストな杉フローリング。

照明器具は天井に付けず、シンプルなモーガルソケットにLED電球。

テレビは不要!エアコンはつけられるように。

 

子供たちが巣立ったあとに活用できるような間取り提案も盛り込みます。

 

メリハリのある注文住宅はぜひマドリヤへ。

 

おちあい

この記事を書いた人

madoriya

2017年7月22日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.