大型の掘りごたつについて

投稿日:2015年12月14日

こんにちは、代表の落合です。

先日お引渡しした町田市鶴川のS様宅でお引越しとのことで様子を見入ってきましたよ。
「家具の搬入ができない」「冷蔵庫が入らない」「洗濯機のドアが開けられない」といったような問題はもちろんなく、ひと安心です。

さて、「床収納型掘りごたつ兼アウトドアテーブル」のでき具合も確認してまいりました。
教え子の学生さんたちを集めて飲み会を開くための大型の掘りごたつですが、オフシーズンは床となり、
ウッドデッキに出せばテーブルになる、という内容です。

 

 

 

どんな小さなアイデアでもぶつけてみてください。

実現できるためにあれこれとご提案ができると思います。

 

落合

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

madoriya

2015年12月14日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.