ユニットバスでもヒノキ気分

投稿日:2017年12月08日

先日、リノベーション後の手直し工事のお打合せでお邪魔したT様邸にて、

ユニットバスをみせていただいたところ、

お風呂のフタをヒノキの板で代用しているということを教えていただきました。

 

 

目からウロコ。

その発想はなかったー。

 

ユニットバスのフタは断熱性を高めたタイプのものがあるのは知っていますし、

無垢の木が高い断熱性をもっていることも理解していました。

 

それを組み合わせて考えたことはなかった!

まだまだ修行が足りません。

 

しかも、ヒノキのいい香りと、耐久性はお風呂にぴったりなのは歴史が証明しています。

 

もっとやわらかく頭をつかっていきたいとおもいます。

 

おちあい

 

この記事を書いた人

落合 正一

落合 正一

2017年12月8日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.