ピンタレスト大歓迎の件について

投稿日:2017年07月16日

 

最近、申し訳なさそうに、

「こういうイメージなんですけど・・・・」

とスマホの画面を見せていただくことが増えてきました。

 

大丈夫です。

申し訳なそうにしなくて。

 

ピンタレストやハウズ、ホーミファイなど、家づくりのアイデアを共有するサイトやアプリが増えてきました。

むしろ、そういったイメージからお好みや価値観などをうかがい知ることができるので大歓迎です。

 

おそらく、「プロの人に対して、ほかのデザイナーが作ったものを、自分が好きなものとして見せるのは失礼にあたるのでは」という感覚があるのかなと思います。

 

大丈夫です。

デザイナーというのは過去の事例や他のデザイナーの事例から学び、体にとりいれ、ヒントにしながら新しいものを作るべきと考えています。

「換骨奪胎」です。

少なくともマドリヤでは失礼にあたりません。

 

あと、

少し、「挑戦状」みたいな感覚はあるかもしれませんね。

「この写真より素敵にできますよね?」みたいな。

 

ヨユーでバッチコイです。

今日もこれから、新しく届いた挑戦状にとりくんでいきます!

 

おちあい

この記事を書いた人

madoriya

2017年7月16日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.