エコハウスについて

投稿日:2021年02月06日

こんにちは!少しずつ昼間の時間が長くなり、真っ暗だった保育園のお迎え時も
マジックアワーのような美しい夕空を見ることが増えてきていますね。
本多です!毎回こんにちは!
立春も過ぎ、大雪が降らないまま、春がやってくるのかな?
我が家長女は保育園卒園なので、みんなで楽しく卒園できるのかな?
そんなことを思いながら、最近は生活しております。
生活発表会も中止になってしまい、卒園式が行われることを祈るばかりです。。。

 

さて今回は、エコハウスのお話をしたいと思います。
といっても、なんのこと?すごいテクニックが必要?など思うかもしれませんので、
実際にエコハウスを作られた方のお話を聞いていただきたいと思っています。
伊藤菜衣子さんを皆さんご存じでしょうか?
「暮らしかた冒険家」という面白い肩書きを持つ伊藤さんは、マドリヤも参考書にしております
「新しい家づくりの教科書」や「これからの断熱リノベーション」の編集・著者であり
自身も愛知県岡崎市にエコハウスを建てられています。
その伊藤さんと、Chico Shigetaさんが対談したInstagramのIGTVがとても興味深くおもしろかったんです。

 

メーカーや設計・施工者目線でもなく、実際にエコハウスを作った人として、
限られた予算の中で、自分の要求・家族の要求を折り合いを付けながら
どうやって実践しているのか?
エコハウスを体感してどうなのか?などなど盛りだくさんで、伊藤さんのおうちを紹介しながら対談しています。
エアコン14畳1台で家の冷暖房を賄っていて、寒くも暑くもない!
エコハウスとそうじゃない家の損益分岐点は、エアコンが壊れる10年目で、
各室にエアコンがあるエコハウスじゃない家で比べると、ランニングコストが
大分変わるということ。
また、ハウスメーカーなどの間取りやファイナンシャルプランニングを真に受けず
私たちはどういう暮らし方をいいか家族で話し合って、
優先順位を決めながら家を作るということを話されていました。
すごく、ズバリッッな意見で、説得力があったなぁというのが率直な感想です。
どうしてもマイホームとなると、お金をかける分慎重になりがちですが、
何をしたいか、今の暮らしはどうか?など考えて、理想や流行とかではなく、
自分の暮らしに合わせたものを取り入れていけばいいんだとおっしゃっていました。
奥が深い…   
最近Youtubeでもお見掛けする松尾和也さんは、マドリヤでもお付き合いのある方で
松尾さんのYoutubeもすごく見ているのですが、とても技術的でプロなお話。
伊藤さんのお話は家庭目線というかごく一般の個人としてのお話が多いです。

写真は、お二方の著書。
左側の「これからのリノベーション」の帯にある写真が伊藤さんです。
先ほどのお話は、Instagram @springstep.jp というアカウント内のIGTVに保存されていますので是非観ていただきたいです!
新建新聞社や伊藤さんの回し者でもないのですが(^-^;
また次回エコハウスについて触れたいと思います。
いつも読んでいただき、ありがとうございます!

この記事を書いた人

本多 千絵子

本多 千絵子

2021年2月6日 投稿|     
淵野辺スタジオ

相模原メインスタジオ

〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵
3-1-3-1階B

店舗詳細・アクセス
元町ブランチスタジオ

元町ブランチオフィス

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町4-168
BIZ comfort元町ビルB1F / 3F

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.