エアコンの必要な能力について

投稿日:2017年07月23日

昨日お客様のリビングに設置するエアコンの能力をどれくらいの性能の物するのかを計算をしました。

エアコンの能力を選ぶときカタログなどでたとえば「能力2.8KWで10畳用など」と書かれているのを見みて普通は購入される事が多く、わざわざ計算しなくてもよいのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしそのカタログの畳数の表示、どのくらいの断熱性能の家を想定しているかというと日本工業規格のJIS9612に書かれている住宅をモデルになっていて、そのモデルというのは何十年も前の住宅の性能が想定されたものなのです。

計算に建物のQ値(熱損失係数)を用いる事が多いのですが、たとえば僕らが良く手掛ける性能の家と比較をすると10倍以上の数値差くらい?かなと思いますので相当の開きがあることが分かります。

熱損失だけではなく日射取得の影響が大きいので単純に計算だけでは難しいところもありますが、よりうまくエアコンの選定をしたいものです。

この記事を書いた人

madoriya

madoriya

2017年7月23日 投稿|     
淵野辺スタジオ

相模原メインスタジオ

〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵
3-1-3-1階B

店舗詳細・アクセス
元町ブランチオフィス

元町ブランチオフィス

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町4-168
BIZ comfort元町ビルB1F / 3F

店舗詳細・アクセス
八王子ブランチオフィス

八王子ブランチオフィス

〒192-0082
東京都八王子市東町12-8
長澤ビル4F / 5F

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.