どんな土地も!

投稿日:2022年09月02日

こんにちは!
ついに夏が終わり、秋が来た…そんな感じの陽気になってきましたね。
とはいえ、台風の季節。憂鬱になりがちなので、何か楽しめるものを考えたいです。

 

さて、「どんな土地も!」というタイトルを付けたのは…
大分前に、いつも拝見しているナチュラル系インスタグラマーさんが戸建てを建てるための土地を検討しているということで、私がポロっと、「土地は100%理想的な場所はほとんどなく、7割合格だったら買いです!」とコメントしたことがありました。
その方は土地が見つかり、これから家を建てるそうで、分譲マンションの高騰をきっかけに住んでいたマンションを売り、郊外ではあるが自分や家族が楽しめる土地が見つかったとおっしゃっていました。
たまたまインスタで質問コーナーを設けていて、土地が決められないと悩んでいるという方に回答していたのですが、なんと私がコメントした「土地は7割…」ということがとても印象に残っていたそうです。
理想100%!とはいかなかったけれど、土地探し最初のころに理想と思っていた土地にはデメリットがあり、それは受け入れられないとわかっていたので、理想だからといって決めず、現在の土地に決めてよかったと。

 

その質疑回答のやりとりを見て、私は飛び上がるほど嬉しくなってしまいました。
私はなんとなく、好きなインスタグラマーさんにコメントしただけなのですが、それが印象に残って土地が決まったのかなと思うと、お役に立ててよかったなーと。
といっても、この「土地は7割」というのは、代表・落合から教えてもらった言葉でした。
ずーっと土地が決まらなくて、理想だと思っていた土地をタッチの差で買い逃していた私の担当のお客様にお伝えした言葉なのですが、その後見つかった土地を一度やめて、でもやっぱりココがいい!と決められました!
そのお客様を見ていて、本当にそうだなと思うのです。彼氏じゃないのですが(笑)、別れた人と同じかそれ以上の人を探そうと思っても、なかなか出会うことはできませんよね(笑)
買い物はどこでするか?
子供を遊ばせる公園はどこがあるか?
徒歩で動くか?車が良いか?
生活することのシミュレーションをして土地をチェックします。
またプランをしたら、家でこんなことができる、この部屋からお隣さんの立派な桜が借景で望めるなど、建物の合格度合いもチェックしていくと、おのずと土地の良さが見えてきます。
7割良いと思ったら、いまだ!GO!なんだなと実感しました。

 

 

ココすごい便利なんだけど、変な形の土地であるとか、道路から奥まで高低差のある傾斜地、建物建てたら後ろは崖地…など、こんなところで家建つのかな?といった疑問も出てくると思います。
そんなとき、この土地だったらどういう建物が建てられるか、予算内に収められるか?構造は大丈夫か?などなんでもご相談いただければ、土地を分析し、その土地に合う、プランと予算をご提案します。
その結果次第で理想の7割以上に飛び込んでくるお土地もいっぱいあります(^^♪

眺めがとてもよいけれど、高低差がある土地も、宅地造成の許可や、道路の狭隘協議などクリアせねばならないことがいくつもありましたが、鋼管杭での地盤改良なども経て、無事完成しました!
耐震等級3も取得できています。
(撮影時は、まだ外構工事をこれから行う、という段階です。)
不動産会社だけでは不安な要素も一緒に考え、建築士の目線からお話しさせていただきますので、どんな土地も!ぜひお気軽にご相談ください!

 

今日も雨、週末も曇り、夜はだいぶ涼しくなってきました、皆さまご自愛くださいませ。
ほんだ

 

 

 

この記事を書いた人

本多

本多

2022年9月2日 投稿|     
淵野辺スタジオ

相模原メインスタジオ

〒252-0344
神奈川県相模原市南区古淵
3-1-3-1階B

店舗詳細・アクセス
元町ブランチオフィス

元町ブランチオフィス

〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町4-168
BIZ comfort元町ビルB1F / 3F

店舗詳細・アクセス
八王子ブランチオフィス

八王子ブランチオフィス

〒192-0082
東京都八王子市東町12-8
長澤ビル4F / 5F

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.