お客さんと一緒に間取りを考える

投稿日:2017年08月19日

こんにちは。

向谷地です。

 

本日の無料相談では間取りのお話をさせて頂きました。

狭小敷地にて3階建てをご検討中のお客様へ「たたき台」の間取りをもとにお話させて頂きました。

 

狭小のため、建ぺい率、容積率をフルに使い切らないともったいない!!

ということで、たたき台の間取りや、前回描いていた手描きラフ図をもとに、あれやこれやお客様と案の出し合いをしつつ、部屋の大きさを調整。

 

お客様「この部屋をこのくらい広げるとどうですか?」

向谷地「そうするとこの分、容積率オーバーしますね。。この場合、例えばこの部屋を少し縮めれば可能です!」

お客様「何畳になりますか?」

向谷地「(電卓打ちながら)○○畳ですね。」

お客様「なるほどなるほど!」

 

といったやり取りをしながら、各部屋の大きさと間取りを微調整。

う~ん、とっても楽しかったです(笑)

 

お客様からの案というのは新鮮で、最後まで活きてくることが多々あります。

今回も例外でなく、形が見えてきたような気がします!!

 

本日のお話をもとに、また次回のプランをまとめていきます。

※写真はイメージです(別のスタッフが描いたプランですね(笑))

この記事を書いた人

madoriya

2017年8月19日 投稿|     
淵野辺スタジオ

淵野辺スタジオ

〒252-0234
神奈川県相模原市中央区共和
4丁目13-1フェスト淵野辺2階-A

店舗詳細・アクセス
新山下スタジオ

新山下スタジオ

〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下1-5-19-2

店舗詳細・アクセス

マドリヤアーキテクツ一級建築士事務所
設計士とつくるローコスト住宅
Copyright(C)2017 madria architects All Rights Reserved.